• 三宅まこと

【なんちゃって政治評論家 都議選 地元の選挙結果を斬ってみる!】

選挙は数字が全て。なんで、下記グラフ資料をこしらえてみました。 ポイントは二つ。 ①今回と前回の比較。 ②狛江での会派別数字の動向。


●都ファ  前回圧勝も今回は旧民主支持層が逃げた結果、辛勝。狛江ではかろうじてトップも都ファの風は止む。(▲30%)


●自民 前回苦杯も今回2位に。調布は盤石も、狛江(▲23%)で減少。


●公明 僅差で滑り込む。調布(▲30%)狛江(▲25%)減少幅深刻。


●共産 惜敗。狛江で盤石(▲2%)、調布(▲27%)は支持拡大ならず。


●それ以外 今回は立憲台頭も、狛江の民主支持層は5000前後なので現状維持。


結論:

だれも勝者にならなかった狛江市の都議選2021と総括。だれも勝者にならなかったのは、過半数をとられなかった行政(都知事)が実質的には勝者となりました。それも有権者の選択です。


選挙戦で奮闘されたすべての皆様、お疲れ様でございました。

53回の閲覧0件のコメント